スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
初めてづくし
2008 / 11 / 09 ( Sun )
書きたいことはいろいろありますが、とりあえず今日の出来事を。

今日は、とある舞台を観劇してきました。

6月に寺脇さんの舞台を観劇した際、フライヤーをもらったんです。
大体、その観劇する舞台が協賛している他の舞台とかが多いのですが。
そういえば…寺脇さんの舞台と今回観劇した舞台とは会場も違えば
協賛していたテレビ局も違うような気がしたんですけど…どんな関係だろう?
ま、そんなことはおいておいて…6月にフライヤーを見ていたとき
気になった舞台があったんですよね。
11月に上演なのに、7月の初めに一般発売という…「早っ!」って
思ったんですが…冷静に考えてみるとジャニーズのFCの申し込みも
そのくらい期間が開いていますよね(苦笑)
一般発売の前にプレオーダーがあったのですが、
秋の予定がまったくわからなかったので(主にジャニ関連ですけど)
手が出せず…迷いに迷っていたんですけど…、
ついに一般発売に手を出してしまいました…あはは。
e+で購入したんですが、購入前に座席がわかるんですよねー。
初めて一般発売で購入したのでビックリしました。
金曜日から公演があって、今日が最終日だったのです。
私の希望は最初から今日の最終公演だったのですが…
他の公演の座席も調べてみました。
どうやら土曜日の夜公演は人気薄のようで結構前のほうの座席だったんですよね。
すっごい迷ったのですが…結局今日の最終公演をセレクト。
どうしてかって…2階1列だったから。
舞台観劇としては初めて行く会場だったので不安ではあったんですが…。
やっぱりどこの会場でも同じなのか2階1列はとても見やすかったです。
ところが…先月だったか…チケット発売のお知らせと同時に
土曜日の夜公演の後、トークショーが行われると告知が…。

早く言ってよー!…です。

まぁ、最初から告知してしまえば、その公演に集中しますからねぇ。
トークショーには行きたいけど、もう1公演チケットを取る余裕はなく…。
泣く泣く諦めましたよ。

って…何の舞台か話してなかったですよね。

「から騒ぎ」というシェイクスピアの劇で、蜷川幸雄さん演出の舞台です。
出演者が…小出くんなんですー(出た出た)しかも主演なんですー。
共演者に高橋一生さんもいて、それだけでとっても興味を持ったんです。
フライヤーを見たときから「観てみたいなー」と思っていたんですが、
この舞台、シェイクスピアの劇であることもさることながら、
オールメールの公演なのです。
「オールメール」とは出演者がすべて男性ということなんですが…
もちろん、舞台観劇数が少ない私にとって「オールメール」は初めてですし
シェイクスピアの劇を観劇するのも初めてなんですよね。
本当に話を知らない私にとって「シェイクスピア劇」は「堅いもの」という
固定概念がありまして…汗汗汗。
私の頭で理解できるのかなぁ?というのが、まず心配なことで。
ましてや「オールメール」となればちんぷんかんぷんでは?と
思ったりしたんです。

でも、小出くんの初舞台だし、蜷川さん演出の舞台だし…。

という思いのほうが勝って、観劇することにしました。

ずいぶん前置きが長くなりました…。
「オールメール」といっても、女性役の方たちは全員女装しています。
話す言葉、声の高さ、仕草まで女性でした。
ちゃんとメイクもしていたし、マニキュアもちゃんと施されてました。
カーテンコールまで女性で、手の振り方まで女性だったんですよね。

すごいなーと感心してしまいました。

と、ちなみに小出くんは男性で女性役は高橋一生さん。
しかも2人は皮肉を言い合ったり、憎まれ口をお互いにたたく仲。
2人にとって、恋とか結婚とかは馬鹿馬鹿しいと思っている。
でも、周りの人の策略によって2人は恋に落ち、結婚するのです。
かなり端折った説明ですけどね…これ…。
私の「シェイクスピア劇は堅苦しい」という概念を打ち消すような
コメディーというのもビックリしました。
どうやら…この「から騒ぎ」は「喜劇」らしいですね(無知ですね、私)
だから、コメディーになってたのかなぁ?

だからこそ、小出くんがすっごいかわいかったんですよぅ!

困ってしまうくらいかわいくてデレデレしてしまいました…。
高橋さんと皮肉を言い合っているところとか、高橋さんが自分のことを
好いているとうその情報を吹き込まれて(盗み聞きするんですけど)
自分も好きになったりするその場面とか…なにからなにまで。
カーテンコールで緞帳が下がる前、他の出演者の方たちが客席に
手を振っているのを見てなのか、少し遅れて手を振るんですけど…
両手で腰の上辺りでヒラヒラって振っているんですよー。

その手の振り方がすごくかわいくってデレデレしちゃいました。

初舞台となれば、客席に手を振るなんてことも初めての経験なんだと
思うので…少し恥じらいが見えていたりして、それもかわいくて…。

でも、結婚する!ってなって、憎まれ口を叩いていた2人(小出くんと高橋さん)が
キスをするシーンがあるんです…結構濃厚な…。
そのときの小出くんはとっても男っぽくてドキドキしてしまいました。
相手役が高橋さんという男性だとわかっているんですけど
演じている2人を見ていると本当に男女のように見えてくるのです。
すっごい顔を近づけて憎まれ口を叩いている2人を見るとドキドキするんです。

そんなの、私だけかもしれませんけど…。

わけわからなくなって、終わりかなぁ?なんて思っていたんですけど
楽しくて、デレデレして、ドキドキして本当に観劇できてよかったです。
思わず…パンフレット買ってしまったし…(爆)

ミーハーな感覚が抜けきれない私なんですけどね。

そういえば、パンフレットを見ても1年前にこのお話が決まったらしいのですが
7月だったか…舞台雑誌を買ったときに小出くんのインタビューがありました。
そのときに読んだきりなので、もう記憶もかなり薄らいでいるんですが…
なにしろ、初めての舞台、そして蜷川さん演出ということで
どんな感じなのか想像もつかず、映画で共演した小栗旬くんに
どうしたらいいのか?と話を聞いたりしたと言っていました。

そうそう、初めての舞台…だからなのかな?と思ったのですが、
やはり、他の人とはちょっと言葉が聞き取りにくい?と思ったりもしましたね。
まぁ…私の耳が悪いということなのかもしれませんが…。

どこまで追いかけられるのかは不明ですけど(なにしろジャニ中心なので)
またこういった機会があったら行ってみたいなーと思いました。
なんか、ちょっとだけ…成長を見守っている、そんな気分になったり。
「ごくせん」からずっと見てきているからなのかもしれませんね。
スポンサーサイト
19 : 59 : 10 | 俳優さん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
お盆休みと映画鑑賞
2008 / 08 / 18 ( Mon )
どこから何を聞きつけたのか…今月初めにいきなり母が言いました。

「宮崎映画が見たいから付き合って」

「宮崎映画」とは「崖の上のポニョ」のことです。
今まで宮崎映画には見向きもしなかったのに…なぜ突然。
今月の週末は私に予定が詰まりすぎているため(ほぼジャニ関係)
お盆休みに行くことにしました。
たまたまその映画館のレディースデーだったためお安く見れてお徳感いっぱい。

宮崎映画と言えば今まで数あったと思われるのですが。
私が見たのは…「魔女の宅急便」以来。
当時…いくつだったのか定かではないですが、お友達と見に行ったのを覚えてます。
それからは…大きくなってしまったのでなかなか見る機会がなく。
テレビでも放送されてましたけど…時間が合わなかったのか見てないんですよね。
だから、亀梨くんが「千と千尋の神隠し」の話をしていてもまったくついていけず。

ポニョはなんともほんわかする映画でした。
「トトロ」に近いものがあるのかなぁ…ディズニー映画をモチーフにしているような。
そんな場面も見受けられましたけど。

そんな中で、アニメ映画といえば俳優さんではなくて声優さんになるわけですが。
野ブタをプロデュースに出演していた柊瑠美さんが出演されていました。
出演部分は1場面だけだったんですけどね。
確か「千と千尋の神隠し」でも声優を務められて(主役の女の子の声なんですね)
亀梨くんが台詞を言ってもらったと自慢(?)していたんですよね。
そんなことを思い出したりしました。
でも、映画を見ていない私は亀梨くんが台詞を言っていたけれど
まったくもってどんな場面なのか想像できなかったという…。

そんなほんわかする映画を見に行った前日、テレビで「キサラギ」が放送されてました。
実は気になっていた映画なんですよねー。
話は「サスペンス」要素が入っているということしかわからなくて
興味を持ったのは出演者の皆さんでした。
1場面しかない1つの部屋の中で繰り広げられていくストーリー。
出演者も5人のみなのです。
正確に言えば「如月(キサラギ)ミキ」というアイドルも出てくるのですが。
でも、一切顔は映りません。
出演者5人とは、小栗旬さん、ユースケ・サンタマリアさん、ドランクドラゴンの塚地さん
香川照之さん、そして…小出くんなんですー(そこかよ)
この5人は「キサラギミキ」のファンサイトで出会った5人。
キサラギミキの1周忌追悼のために集まります。
そして…オタクな話から…自殺の真相を暴く話になり…
そこからハンドルネームしか知らなかった5人の素性が明らかになっていきます。
その展開が、驚きや笑いなどを盛り込んで目が離せなくなるのです。
最後にはその真相は暴かれるわけなんですが…。

実はですね、その日は木曜日でして。
映画の放送は21時から。
どう考えても山下さんのドラマとかぶっていたのです。
と言うことで…私はオンタイムは山下さんのドラマを選択しました。
そして「キサラギ」を部屋のテレビで録画したんですけどね…。
新聞をちゃんと見てなかったので、2時間で録画予約したんですが。

…途中で切れてるんですけどーーーーー!!!

真相はわかった…と思うんですけど、続きが気になるー。
もう1度DVDをレンタルして見ようかなー、どうしようかなー。
たぶん、もう1度見てもきっと笑えると思うんですよね。
そのくらい楽しい映画でした。


さて、次は先週末の「楽しい時間」について。
えぇ…わたくしグローブ座まで行って「楽しい時間」を目いっぱいすごしてきました。
どこまで、いつ書けるかわかりませんが(おい)覚えていること、そして気持ちを
ウザイくらいに認めたいと…気持ちばかりが先走ってます。
21 : 30 : 32 | 俳優さん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
三代目
2007 / 07 / 01 ( Sun )
プロポーズ大作戦の最終回を見たとき「これは絶対に言わなきゃ!」と思って忘れていました。



ビューネくんに松田くんが選ばれているよ!!



私的に大ニュースだったんですけど…(汗)。
ビューネくんといえば、藤木直人さん、押尾学さんが出演されていた「こんな人がいたらね~」っていうあのCMです(説明になってない)。



そういえば…いつの間にかビューネくんは年下になっていた(ちーん)。



「薬用ビューネ」の化粧水を付けてくれる妖精なのかな?
「癒しの男の子」みたいなイメージを持っていました。
もう二代目の押尾さんのCMもどんな感じだったか忘れたのですが(汗)。
すごい癒してくれる男の子だった…と(たぶん)。
「こんな男の子が一緒にいてくれたらねぇ…」と思わせる、そんなCM。


今回はずっと一緒にいて、コットンで化粧水を付けてくれたり。
ミストを吹きかけてくれたりするようです。


でも、前回ほどときめかないかも(苦笑)。
私、気になって初めてサイトを見てみたんです(松田くん効果・笑)。


サイト、おもしろーい。


メイキング映像などの特典もあるのですが。
それよりも、ビューネくんである松田くんをクリックするのがおもしろいのです。
別ウインドウが開いて「肌ストレスは?」と聞かれます。
そしてそれを入力するとですね。
その入力した文字を松田くんが化粧水で消してくれるわけです。
その後、解消されたかされないか聞かれます。
「YES」「NO」を選択すると松田くんが話すのですよ!


バーチャルビューネくんなのです(笑)。


楽しくて2回ほどやってしまいました(爆)。
こんなサイトのバージョンまで撮影したんだねと感心しました。


なんてビューネの話をしていますが。
実は私は使ったことがありません(こっそり)。
基礎化粧品の冒険って躊躇しませんか?
19 : 44 : 06 | 俳優さん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
わがまま…?
2007 / 06 / 16 ( Sat )
新聞のテレビ欄で「食わず嫌い王」に松田くんが出演することを知り録画しました(爆)。


だって…何が嫌いか気になったんだもん!


対戦相手はYOUさん。
よくよく考えたら私は松田くんが「松田翔太」として出演している番組を見たことがなかったのかもしれません。
いつも演技をしている松田くんで一体どんな人なのか知らなかったんですよね。
雑誌で少しだけ読んだことがありましたが…どこかに留学していて英語が話せることくらいしか知らなくて(汗)。
すっごい新鮮でした。
松田くんは21歳、1985年生まれ。
山下さんと同じ年です、亀梨くんと学年同じです。
山下さんや亀梨くんも落ち着いているように思えるんですが。
松田くんはその上を行く落ち着きでビックリしました。
ロンドンのどこが好きかとか、俳優になるまでの話とかすごいしっかりしてるなぁ…と。
でも、サッカーをやっていたらしいのですが。
中2の時に「やってらんねぇ!」と顧問の先生にユニフォームを叩きつけて辞めたんだとか。
それが…顧問の先生が12番をくれたからという理由らしいのです。
松田くんは10番がほしかったのに12番が来た。
だから「やってらんねぇ!」と…(爆)。


わがまま…?


YOUさんも言ってましたけど。
でも、そういうところがあるからこそいいのかな?


松田くんに出されたメニューはキムチ、エビフライ、馬刺し、あべかわ餅。
メニューが出された時に1品だけ小鼻がピクピクしたところがあったらしく石橋さんやYOUさんに弄ばれる松田くん。
21歳という若さから過去の亀梨くんや山下さんを思いだした私。


まさか…1発正解で負け…とか?


21歳って不運なのねぇーーー!!
かわいそうに…よよよ…でも罰ゲーム楽しみ。
そう思ってました。


が!!!


意外な展開でYOUさんの負けだったのです!
松田くんの嫌いなものはまったくノーマークの「エビフライ」でした。
その理由がすごいんです。


「ムカつくんですよね」(爆)。


パサパサした衣がダメらしいです。
でも「ムカつくんですよね」と言った松田くんがステキすぎ(笑)。
思わず「すてきっっっ!!!」ってテレビ画面に言っちゃってました(笑)。


花より男子を見ているときも言っていたと思いますが。
やっぱり手がキレイー!
笑っている時に目を隠す手、口を隠す手、箸を持つ手、どれもステキ。
そして笑顔がすごいかわいいんですすすすすすすすすすすす。


でも、一番のお気に入りはYOUさんの罰ゲーム。
オリジナルの歌を自作で振りつきで踊ったんですが。
ダルダルさがすっごいおもしろくて爆笑してしまいました。
01 : 17 : 28 | 俳優さん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
やっと追いついた
2007 / 02 / 19 ( Mon )
今クールのドラマで唯一見ているのが「花より男子2」。
1話は斗真くんが出ているから録画までして絶対的に。
2話からはなんとなく見ていたら続きが気になってしまって。

でも、最近早く寝たくてその時間はお風呂に入っていて…。
ずっと録画してたんです。
なかなか見る時間もなくていつも1週遅れ。
「そろそろ戻さないと!」と思って昨日2話連続で見ました。


道明寺がかわいい。


前からかわいかったですけれど。
原作を読んでいる時もそう思ってましたけど。


うん、かわいい。


道明寺がかわいいと松本さんもかわいく見えるわけで(もともとかわいいですが)。
日本語に弱いところとか、ウソをつけなくて動揺しちゃうところとか。
本当にかわいいです。


で、前にも話したと思いますが。
私は「花より男子」のドラマでは西門がお気に入り。
役を演じている松田くんもお気に入り(笑)。


7話は西門をクローズアップしたような話でした。
西門の初恋の話。
お互い好きだったのにほんの少しのすれ違いで結ばれなかった2人。
彼女が自分のことを好きだった事実を目の当たりにして泣く松田くん(もはや西門ではない)がすごいかわいいんですよぅ!


かわいいんですよぅ!!


ちょっと小バカにしたような笑いをしながら、でも泣いてしまう松田くんがかわいいんですよぅ!


かわいいんですよぅ!!(わかったから)


そして着物姿がステキなんですよぅ!
茶道の家元の息子…なのかな?
F4の中では何でも道明寺に次ぐお金持ちなんだとか。
家では着物なのですが、またその着物姿がステキなんですよぅ!
茶道家なので所作など撮影前に少し習ったそうなんです。
だから、立ち居振る舞いもステキ。


ますます亀梨くんにやってほしい役です(話ズレてる)。


着物姿が見れるし、お茶をたてる姿も見れるし。
立ち居振る舞いがステキな亀梨くんが見れちゃうし。


何よりもビルの屋上で泣いちゃう亀梨くんが見れるんですよ!


やってほしいなぁ…。


話が脱線しましたが(コホン)。
この7話の途中でどこかのクラブ(?)で道明寺と2人きりで話をする場面がありました。
ソファに並んで座り(距離おいてますが)話す2人。
膝の上で手を組んだりしていました。


松田くんの手がすごいステキ!!


7話まで気づかなかった私って一体…。
顔しか見てなかったんだろうか?(汗)
すごいキレイな指をしていました。
松本さんもキレイな手だけれど、松田くんも引けをとらないくらいキレイ。


中丸くんと比べてみたいものです。


ますます松田くんから目が離せなくなってしまった…。
23 : 25 : 28 | 俳優さん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。