スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
2人セットがお好き
2008 / 11 / 07 ( Fri )
昨日、ビックニュース(私的に)が飛び込んできましたね。

いつもなら、朝まっさきにチェックするスポーツ紙HPも、
昨日に限ってチェックできなかったんですよね。
まぁ、そんなものですよねぇ…(遠い目)
私が知ったのは昨夜という…ずいぶん出遅れた生活を送っております。

スポーツ紙HPを見たのみなので詳しいことはわからないんですが。
「RESCUE~特別高度救助隊」というタイトル通り、
レスキュー隊を目指すお話…なのかな?
その中で、挫折とかを経験し、成長していく…話?
と、???ばかりでとても曖昧ですが…汗汗汗。

ちなみに、今「ブラッディ・マンデイ」が放送されているTBS系列土曜日19時56分~
来年1月スタートなんだそうです。
あ…言い忘れてましたけど、中丸くん主演のドラマのお話です。

なんにも知らない私なんですが、スポーツ紙の記事で気になる部分が。

 ドラマは横浜を舞台に厳しい訓練を受ける若者たちの青春や挫折、
 恋を描く「訓練編」と、実際の現場での活躍を描く「救助編」の2部構成。


中日スポーツの記事なんですが、思わず太字にしてしまいました。
だって…「恋」って!!
それって、もちろん中丸くんと誰か女の子の「恋」ってことですよね?

とーーーーーっても、楽しみなんですけど!!(んふふ)

共演者の方は同じ消防士の方たちなのか、皆さん男性ばかり。
女性の名前はまったく出てきてないんですよねぇ…。

それにしても、最近のTBSさんはジャニーズ2人起用がお好きですね。
ダブル主演や主演と準主演のような形で。
「山田太郎物語」とか「魔王」とか、「流星の絆」とか…。
思えば、すべて嵐が関わってますね。
今回の中丸くん主演のドラマは親友役で、同じ消防士の役として
増田くんが出演するそうです。

年明けのドラマも楽しみができました。
スポンサーサイト
13 : 31 : 21 | かとぅーん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
楽しい時間のすごし方4
2008 / 08 / 23 ( Sat )
さて、本当にもう最後です。
思った以上に長くなってしまったなー。
そして、結構覚えている自分にビックリしてみたりもしました(自画自賛)
覚えていると言っても「想像」も入っているから間違っている箇所が
かなりあると思いますけどね…(苦笑)

-----------------------------------------------------------

さて、演目が終わると最後はMC&歌へ。
A3サイズくらいでしょうか?遠くから見ていたので大きさは曖昧ですが。
機械がおいてありましてね、その機械…録音できる機械みたいなんです。
その機械を使って中丸くんが少し遊ぶんです。
「今日はありがとうございました」と録音した後、「今日は」の後に
「本当に」と入れて繰り返し流してみたり、かと思えば最初に「マジで」と
入れてまた繰り返し流してみたりして。
こんなことができるんだよと最初の小手調べってところでしょうか?
ハプニングが起きた回では「間違えた」なんてことも告白してました。
言葉自体は忘れてしまいましたけど、ちょっと落ち込んでいる様子が
失礼ながらとてもかわいかったです。
それからボイパを何種類かやって、1つの音楽を作っていました。
そのボイパに合わせて「ふふふふん~」と歌っていたのが「key of life」。
そして本当に「key of life」を歌って踊ってくれたんですー。
実は私…このステージで歌って踊るなんてことないんじゃないかと
勝手に思っていたんですよね。だから、最初にこれを見たときは
すごくうれしかったです。
それから…少しおしゃべりがあったんだったかな?
中丸くんが作詞したという新曲「Answer」を歌いました。
こちらは…しっとりと歌い上げる感じになっていましたね。
ステージの端に座って歌う中丸くんがまたまたかわいかったです。

最後は…どこで行ったのかすっかり忘れてしまったMC。
普通に出てきて普通にお話をするのです。
で、せっかく狭い会場だからとお客さんの質問コーナーになっていました。
挙手制で中丸くんが指名して質問をしてもらうという形。
どうやら初日から何日間か(木曜までだったか金曜までだったか)
「どこからきましたか?」とお客さんに聞いていたようです。
そう中丸くんが話していました。
コンサートでもメンバーとみんなどこから来ているんだろうか?
という話になるんだとか。
海外から来てくださっている方もいるようでヨーロッパからの方もいた
とお話していました。
ですが…会場でアンケートを行っているのですが、その中に
「本州の人には聞いてくれないんですか?」という意見が多かったんだとか。
だから質問はやめたんだそうです。

さて、私が聞いた質問を紹介しておきます。
が…中丸くんの答えを正確に覚えてないので、またニュアンスですが。
なんとなくで受け取ってください…。
ちなみに1公演2人の質問に答えていました。

「髪型をセットするのに何分かかりましたか?」
なぜか気になる中丸くんの髪型(笑)
この質問の回ではないですけど、髪の毛を触りすぎて
ウッドペッカーのようになってました…。
そんな姿すらかわいいと思ってしまう。
で、質問の答えは「20分」。
湿気の多いときとか、今の季節はセットしても5分で崩れてしまう
なんて言っていました。これはコンサートでも聞いたかな。
20分という答えに客席から「えー」という声が聞こえたんですが、
それを聞いて中丸くんがサラッと「妥当ですよ」なんて言うから
そのサラッと具合がなんだかおかしかったり。
メンバーの中では「妥当」ってことなのか…芸能人はってことなのか。
その辺りは不明ですけど。

次は「コンサートの聖くんとのコントのときスタッフさんに怒られると
言っていましたが本当に怒られたんですか?」
実はこの質問、はっきりちゃんと聞こえなかったんですが…大体こんな感じ。
答えは「怒られました」。
長さもだけど、特に「スネイク(でしたっけ?ゲームの名前)」の部分が
わかりづらい(というかお客さんの反応がないから?)と怒られたんだそうです。
すると、質問者から「ボイパコーナーのときにもやってましたよね?」と
声がかかるんです。
Jr.コーナーの途中だったかに中丸くんのボイパコーナーがあって。
どうやらツアーのどこかの公演で「スネイク」の音(?)をやったことがあったんだそうです。
それに気づいてくれていた人がいたということで喜ぶ中丸くん。
またその喜びようが本当にかわいくて。
本当に素で喜んでしまったらしく、少しして「他のお客さんにはわかりませんよね」と
ちゃんと上記のように説明してくれました。
その質問をされた方は1階前列の方だったのですが、中丸くんと
少し会話みたいなものを繰り広げていたんです。
すると中丸くんはふと3階を見上げて「今の会話、聞こえてますか?」と
聞いていました。
その様子を見て感心してしまったんですよねー。
ちゃんと気遣える中丸くんの優しさに。
客席から「スネイクのボイパが見たい」というリクエストがあり
ボイパ用のマイクがないにもかかわらず、やってくれました。
そんな優しさもうっとりしてしまいます。

次は「大学生活はどうですか?」(たぶんこんな感じ)
この質問には「答えやすい質問ですね」なんて言っていました。
今までどんな質問をされてきたんでしょうね?(笑)
今はどうやら夏休み期間中らしく(大学だと9月入ってもお休みですよね?)
でも、中丸くんはインターネットで受講をしているので「夏休み」と言われても
実感がわかないようでしたね。

最後の質問は「cartoonKAT-TUNにて、バンジーを飛ばなかったけどなぜ?」
えっと…この質問も大体こんな感じ…というニュアンスで…汗汗汗。
これ、実は私…ほとんど番組を見ていないため様子がわかりません。
なので、中丸くんのお話から想像してますのであしからず。
まず、答えとしては「最初は飛ぶつもりだった」と言う中丸くん。
階段を上っているときは飛ぶつもりだったと。
でも…一緒に上に来ていた亀梨くんが親切から足をマッサージしてくれたり
いろいろ励ましてくれたりしてくれていたら…気持ちが折れてきたと…。
自分が飛ぶと言うと亀梨くんが下にいた他のメンバーに「中丸、飛ぶってー!」と
声をかけ、「カウントしよーぜ!」なんて盛り上がります。
そんな姿を見て中丸くんの気持ちはますます折れ曲がり…
この時点で完全に折れていたんだとか。

……ってことは、亀梨くんのせいってことですか?(爆)

と、私は解釈したのでございました。
中丸くんが説明している姿を見て、「あー、亀梨くんそんなこと言いそう」なんて
勝手に「らしいな」なんて思ってしまったのでした。
亀梨くんにとっては「よかれ」と思ってやったことなんだろうけど
気持ちが揺らぐ中丸くんの気持ちもわかるような…。

-------------------------------------------------------------

こんな感じですかね。
最初に言った通り、亀梨ファンでありながら中丸くん大好きな私。
どれだけ好きかって…早朝から「チケットぴあ」に並んだくらい好きです。
ノーメイクで帽子を深々とかぶり…怪しい人でしたけど。
どんな中丸くんを見せてくれるんだろう?ってすごい楽しみでした。
私の印象は、本当に中丸くんがやりたいことを詰め込んだ公演だな、と。
タイトルを聞いたときは「安易」なんて失礼なことを思ったりもしましたが
まさしく「楽しい時間」だったなぁーと。
あ、もしかして中丸くんにとっても「楽しい時間」ってことなのかな?
今、そんなことを思ったりしました。

さて、明日から私は4年振りの特設ステージでのSUMMARYです。
んふふふふふふふふふふふふ。
00 : 26 : 40 | かとぅーん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
楽しい時間のすごし方3
2008 / 08 / 22 ( Fri )
さてさて、本当に長くなってきましたが終盤戦…
もうこのエントリーで最後としたいと思います。
こんなに詳しくレポったのはいつ以来ですかねぇ?
…自分の日記を見返してみたら4ヶ月前の滝沢演舞城以来でした。
いやー、亀梨くんに関係のないことだとこんなに長く認められるんですね。

-----------------------------------------------------------

影ダンスが終わると本当に最後の演目になるらしく。
「無理矢理思い出を作ってください」なんていうテロップが流れます。
最後の演目は、その名も「バラエティな男」。
「日常生活にもバラエティは存在する」…そんなナレーションだったかな。
この演目は実は最初のほうの「喜怒哀楽、その他」から続いていたりします。
「喜怒哀楽」のコーナーの最初、中丸くんは携帯で誰かと話しながら登場するのです。
「じゃぁ、ロイホで待ち合わせね」って。
その待ち合わせ相手との対話がこの「バラエティな男」。
台詞とかは曖昧なので、ニュアンスでとらえてください、ニュアンスで。
中丸くんがロイホに入ってくるところから始まります。
「ロイホって西口と東口があるんだね。間違えて西口(逆かも)行っちゃったよー」
こんな感じで…どうやら彼女と待ち合わせだった様子。
大きな紙袋を持って登場した中丸くん。
彼女から「話がある」と言われたようです。
彼女が話しかけようとするのを遮り「あ、ちょっと待って」と持ってきた紙袋から
大きな箱を取り出します。
彼女へのプレゼント。
どうやら付き合って1年らしく「記念日とか覚えてるタイプなんだよねー」とか。
彼女と会えてなのか、結構浮かれた様子で話しています。
それから彼女が話そうとするとまた遮り、食べ物を注文。
ここで「平野レミさん」をもじった名前が出てきたのですが…忘れてしまった。
ちなみにレミパン(これも名前もじってます)の宣伝までしてましたけど…。
あれは一体なんだったんだろう?
この後、もう1度彼女の話を遮り、どうやら喫煙席に座っていたようで
店員さんに「禁煙席空いたら移りたいんですけど」と申し出ます。
「で、話って何?」から彼女が重い口を開くようです。
「え、ちょっと待って。別れ話でもするみたいじゃん」
冗談を言っても彼女の表情は明るくならず…むしろ別れ話そのものだったよう。
えー!なんでー!となる中丸くんは理由を聞きだそうとします。
「俺、なんかした?」「まさか、他に好きな人ができたとか?」なんて理由を
4つ立て続けに言うんですが、ここで第一のバラエティが登場。
スクリーンには「クイズ ミリオネア」の回答画面が流れています。
そして4つの理由の中で選んだのは「他に好きな人ができた」。
「ファイナルアンサー」とは言わなかったけれど…大正解。
「誰だよ!」という話になります。
誰なのか探りを入れる中丸くん。
すると第二のバラエティが登場。
「アタック25」の最後の「アタックチャンス」。
数枚のパネルだけあいている状態で写真が何枚か流れます。
うーん…たぶん…想像ですが…KAT-TUNでどこか海外に行った写真かな?
中丸くんと一緒に聖くんや上田くんが映っていました。
「えー、わかんないよー」と言った後、「あ、前によく話してたバイト先の先輩」と
答えるのですが…ざんねーん(不正解の曲まで同じでした)
「じゃぁ、誰なんだよ」という話になり…うっかり机の上においてあったプレゼントを
落としてしまうのです…ここで第三のバラエティ「ごきげんよう」。
スクリーンにはさいころが転がる映像が。
そして出てきたのは「田辺貞夫」という人物(誰だい)
「田辺貞夫?略してナベサダ。えー、超身近な人物じゃん」。
どうやらナベサダくんとはお友達な様子。
「なんだよー、どういうことだよー」とうなだれている中丸くん。
すると店員さんがやってきたようで、禁煙席が空いたので移ることに。
はい、「ごきげんよう」恒例(?)の「席替えタイム」です。
プレゼントや食べ物を持って席替えでーす。
さて、禁煙席へ移動しました。
今まで彼女と向き合って座っていたのに、禁煙席では隣同士。
かなり気まずい雰囲気に耐えられなくなったのか中丸くんは
店員さんに「別れ話なんですよぉ、あははー」なんておどけます。
さて、座って話の続きです。
「いつからなんだよ」という話になったり、プレゼントをいらないという
彼女に「俺だって要らないよ」と押し問答になったり…でまたまた
プレゼントを落としてしまいます、そして、ごきげんよう再び。
スクリーンにさいころが転がり…出てきた目は「付き合う前から」
略して「つきまえー!」って…中丸くんが言うんですよ、これ。
ってことは、客席はジェスチャー付で返さないといけませんかね?
まったくそんなこと…考えてもいませんでしたけど…。
「付き合う前からかよー!」とまたもうなだれる中丸くん。
「かぶってない?俺と付き合う前に1度別れてる?」なんて解説付き。
彼女は話が終わったからと帰ろうとします。
「ちょっと待ってよ、俺、全然納得してないよ?!」と引き止める中丸くん。
「まぁ、座ってよ」なんて…サングラスをかけ始める中丸くん。
ここで…確か第四のバラエティが始まります、「笑っていいとも」。
テレフォンショッキングですね。
唐突に中丸くんは「髪、切った?いや、ちょっと気になって」なんて言ってみたり。
すっかりタモリさんになってます(笑)。
とうとうナベサダくんを呼んで3人で話をしようよ!ということになります。
ナベサダくんに電話をする中丸くん。
「どういうことだよー」という中丸くんにナベサダくんは「あ、聞いた?」なんて
言うんですが…もちろんナベサダくんの写真は中丸くんで声も中丸くん。
話をしたいという旨を言うと今からは都合が悪いらしい。
「え?明日ならいい?じゃぁ、明日きてくれるよな?」の中丸くんに
ナベサダくんは「いいとも!」…で大団円。

説明したものの…わけわからないですよね。

これ、中丸くんが演じてその場で見てないと面白くないのかも(今更)。
私が観た1公演はこの「バラエティな男」ですごいハプニングがあったのです。

中丸くん…途中で段取りを忘れる(爆)

アタックチャンスの前でした。
別れ話を切り出された後、誰だよー!とアタックチャンスに流れるのですが。
いきなり禁煙席に移動しようとしてしまいましたよー!
中丸くーん、それ違うよー!(前日も観劇していた私)
中丸くんも気づいたらしく、「あ…」と座りなおしたんですが…
そこから先がまったく思い出せなくなってしまいました。
「えっと…えっと…うーん…」しばらく考えた後、もう無理だと思ったのか
「トイレに行ってくる!」と席を立つではないですか!
まぁ、ロイホですし…トイレに行くってシチュエーションもありなんですが。
むしろ、私としては機転が利いたと思ったんですけどね。
でも、ここが「ソロアクトライブ」の落とし穴なのです。
中丸くんがはけたらステージ上には誰もいなーい!
中丸くんがトイレに行っている間(実際は進行を確認している)ざわざわする客席。
本当に誰もいなくて、何の音もなく…ただ待つのみなのです。
これって…そうそう体験できる空間じゃないですよね、きっと。
戻ってきた中丸くんは今度はちゃんと最後まで流れに沿ってうまくいきました。

---------------------------------------------------------------

ぎゃー!「バラエティな男」だけでかなり長くなってしまいましたね…。
読みづらくなるので、また1度切りますね(汗)。
まさか第4弾まで続くとは…私も予想してなかったです。
でも、とりあえず…今日中に何とかしたいー!
20 : 05 : 35 | かとぅーん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
楽しい時間のすごし方2
2008 / 08 / 22 ( Fri )
さて、楽しい時間の続きです。
でも…ビデオ撮りがあったという話を聞きちょっと執筆意欲が薄らいでます…。
すでにDVDになると思い込んでいる私(笑)
よくよく考えたら滝沢さんの演舞城DVDもまだお話を聞けないなー。

--------------------------------------------------------

「S-1グランプリ」の後は「新語スロット」。
2つの単語を組み合わせて中丸くんが表現する…というもの。
たとえば「KIOSK」と「パラパラ」が出てきて「KIOSKパラパラ」。
これを中丸くんがどう表現するのか?というのがポイントです。
覚えているのは…「KIOSKパラパラ」「セクシー柔道家」「かくし芸893」
「ホストバスガイド」「アンパンマンイノキ」…このくらいかも(順不同)
もう少しあったような気もしないでもないんですが…思い出せません。
どんどん疲れ果てていく中丸くんがかわいそうになりながらも
おかしかったんですよね…あはは。
最後には「中丸」「限界」と出て終了。
汗だくでした、中丸くん。
ここの衣装は…うる覚えですけど薄い水色のシャツだったような…。
今回の衣装のセンスは私好みでどれも素敵な中丸くんだったんですよね。
まぁ…あのえんじのジャケットは「……」ですけど(苦笑)。

続いては「桃太郎」。
白に紺(?)のストライプ(だったかと…)の上下スーツに金のネックレス、
黒のセカンドバックを小脇に抱えて紙芝居を持って登場します。
「持って」という表現の仕方は間違ってますけど。
昭和…戦後間もなくでしょうか?
昔の映像で公園で紙芝居を披露するおじさんがいたような。
そんな感じでございます。
この中丸くんの登場の前に中丸くんのナレーションが流れます。
えっと…確か大まかに言うと昔話は正直者が得をするというようにできているが
実際のところはそうでもないような…みたいな感じだったかと。
実は、このナレーションが1回しか流れなかったので覚えてないんですよね。
子供たちに集まるように呼びかけて、セカンドバックを足元に置いて
紙芝居の始まり、始まりー。
なぜか紙芝居が始まるとつけていた付け髭を取る中丸くん。
そして紙芝居が終わるとその付け髭をまたつける中丸くん。
その1連の動きがなんだかツボでした。
そして紙芝居の内容はというと…桃太郎なんですが、すごいんです。
川に洗濯に行ったおばあさん、川の上流から流れてきた桃を拾い
家に持ち帰って切ってみた…というところまでは皆さんもご存知の
「桃太郎」の話と同じなんですけどね。
その後から変わるのでございますよ。
まず、桃を切ってみると中から元気な男の子が…額を切られた状態で登場(爆)
また、中丸くんのナレーションが「包丁を縦に入れて切っているわけだからね」なんて
飄々とした感じが好きなんですよね、私。
それから…長くなるので簡潔にまとめますが(国語力がないのはあしからず)
額に傷を負い、桃太郎という安易な名前に心に傷を負った桃太郎。
盗んだバイクで走り出し、グレる桃太郎15歳の夜。
「鬼退治に行く」と言えば、「気をつけて」とすんなり送り出すおじいさんおばあさんに
「普通止めるだろう。俺がかわいくないんだ」と思い、ますますグレる桃太郎。
あんなこと(夜のお店での豪遊?)やこんなこと(賭けマージャン?)など
とても未成年とは思えない行動を起こしていきます。
あるとき、犬がやってきて「私も一緒に連れて行ってください」と言い出します。
「仲間ができたー」と喜ぶ桃太郎に犬は「あなたの持っているきび団子を下さい」と
言い放つのです。後から来た猿もキジも…。
そこで桃太郎は「世の中金だー!」と思い、「㈱桃太郎」を立ち上げます。
企業内容は「日本一のきび団子の販売」。
「コストを下げろ!消費期限?そんなの関係ない!」とワンマン経営をし、
その結果…悪事はバレて謝罪、株暴落、窮地に追い込まれます。
そこで目をつけたのは鬼ヶ島買収。
巧みな手腕で後一歩のところまで行くのですが…桃太郎の昔の悪事が
週刊誌に掲載され(あんなことやこんなことです)結局失敗。
おじいさんおばあさんのところに帰り、静かに暮らしましたとさ…。
こんな感じでしょうか?私の妄想も入っているかもしれませんが…。
時事ネタも織り込まれて、なかなかにしっかりしたストーリーでした。
「次は~のリストラの話をしてあげよう。え?聞きたくない?」で終了だと思います。
その前に…少しお話していたように思うのですが。
チラッと「買収が成功してればなぁ…」なんてつぶやいていたんですが
あれって、中丸くん自身が桃太郎ってことなのかしら???

続いては…影ダンス。
スクリーンの後ろで中丸くんが動いているという形になってます。
スーツを脱ぎ捨てて、次の衣装に着替える風景が映っているんですね。
ジャケットを脱ぎTシャツを脱ぐんだったかな?
その後「やだ、次はパンツじゃないの?!どんな影?!きゃー!」なんて
変態チックなことを考えてしまいました、私(恥)。
だって気になりません?リアルに影になるのかしら?とか(だから変態)
でも…下に次のパンツをはいていたんですよー!中丸くんー!
えー!とっても残念なんですけどー!
やっぱりお風呂でも見せたくない派だから影でも無理なんですか?
靴からブーツに履き替えるところは影になってたんですけどねぇ…。
うーん、返す返すも残念(残念がりすぎです)
お着替えの途中で「ネクタイがない!」とステージ上に登場します。
………あ、衣装覚えてない…汗汗汗。
グレーのシャツ…だったかなぁ…。
そして部屋の中っぽいステージ上でネクタイを探しているのですが…。
そこで自分の影が中丸くんから分離してしまいます。
そこから影と遊ぶというか…戦うというか…。
影に蹴りを入れられたりする中丸くんがかわいくて。
また影が持ってきた椅子に座る中丸くんとかもいます。
影ですからね…いわゆる「空気椅子」ってことですかね。
その後、また影に椅子の足をぶつけられたりとかしてて…。
いいようにいじめられている中丸くんがそれはまた楽しいというか(笑)。
やりたい放題の影に「勝負しようぜ!」となぜかPK戦に…。
ステージ中央でシュートを決める中丸くん。
ポーズをとったままステージのせりが回転し…キャプテン翼みたい?
えっと…そんな感じだったような。
あ、そうそう…影2人と(どこから増えたんだろう?)踊ったりもしました。
この辺りはかっこよくて素敵だったんですよね。
そして最後には自分も影になってしまい…終了だったと思います。

---------------------------------------------------------

あー、やっぱり無駄に長いですね。
でも…もう少しで終わりなのです。
後、1演目と歌、そしてどこで行ったのかすっかり忘れたMCのみ。
ただ…この1演目とMCは長くなるのが必至なんですよねぇ…。
とりあえず、明日からまた違う記憶が頭の中を占領する予定なので
今日中に片付けたい…が目標です。
18 : 52 : 28 | かとぅーん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
楽しい時間のすごし方
2008 / 08 / 20 ( Wed )
16日、17日と東京グローブ座にて楽しい時間をすごしてきました。
そうです、「中丸君の楽しい時間」を観に行ってきたのです。

構成・演出とすべて中丸くんが担当するということで楽しみにしていました。
何をどう90分構成するのか、想像ができなかったんですよね。
実は…始まる前は90分間ずっとボイパだったらどうしよう!
なんてとんでもないことを考えてました…すみません。

始まってみると…11個の演目に分かれていたのかな。
17日には1つ演目が増えてましたけど。
もうすでに記憶は薄れてきておりますが…覚えていることだけ覚書。
思いっきりネタバレですので知りたくない方はすっ飛ばしてくださいまし。
そして、あらかじめ言っておきますが…亀梨ファンでありながら
中丸くん大好きな私から見た感想ですのであしからず。

-------------------------------------------------------------

まず席につくとステージ上には皮のソファと、対照的な位置に机と椅子。
机の上にはなぜかバナナが乗せてあり…スポットライトが当たってました。

暗転して、スクリーンに映し出される映像を見ていると…
いつの間にかソファには黒のスーツ姿の中丸くんが座ってます。
そしてスクリーンを見ながらボイパをはじめるのです。

もう、そのスーツ姿の素敵なことといったら!

途中のちょっとしたMCのところで最初はスーツでびしっと決めたいと
構成の段階から既に中丸くん自身が決めていたことを明かしてましたが
もう本当に素敵なんですよー!かっこいいんですよー!
そんなスーツ姿で皮のソファにどっかりと座り込んじゃうから、もう!

私、その空いている隣のスペースに座りたいんですけど。

その後、立ち上がりマイクなしでボイパしてみたり
挨拶したかと思えば、途中からボイパなんて演出もあり。
のっけから飄々とした感じの中丸くんが中丸くんらしいなと。

「中丸君の楽しい時間、始まるよー」の掛け声で始まり始まりー。

次のコーナーは「喜怒哀楽、その他」。
構成会議の期間を長く取ってもらったという中丸くん。
その構成会議の様子を喜怒哀楽を交えて面白おかしく表現しています。
途中に「喜」や「怒」などがスクリーンに出てきてその通りに中丸くんは
感情を表現するわけです。
その中には「もっと哀」とか「逆ギレ」とか…中には「社長」とか「たけし」とか
極めつけは「ダンカン」とかありました…マニアック。
スクリーンに出ている間中その感情などを表現するわけですが
スクリーンの文字が消えると普通に戻るんですね。
そのギャップがまたなんともおかしかったです。
最後は「オチ」として、会議の様子をビデオに撮っていた
じゃぁそれを使いましょう!ということになり、まとまります。

次は「妄想美術館」。
「喜怒哀楽」のときにスーツから着替えてシャツにニット(?)という出で立ちに。
なんとも…中丸くんらしい私服っぽい衣装っていうんですかね?
ニットもアーガイルチェックで崩していないきっちりめな印象。
衣装の好みもかなりいい感じ!なんて浮かれていました。
そして「妄想美術館」でございます。
黒いファイルを持って出てきた中丸くんは…えんじ色のジャケット。
中は黒の丸首Tシャツ。

いーやー!バブル時の吉川晃司風ー!(私にはそう見えました)

美術館館長を意識して…なんでしょうか?
それにしても何で丸首Tシャツにえんじ色のジャケット?
皮のソファに座られても素敵さ3割減…(それでもトータル的には素敵だけれど)
「妄想美術館」とは動物などの写真に妄想してタイトルをつけるというもの。
たとえば…パンダの写真に「疲れ果てた白クマ」とか…(目の周りがクマだらけ)
5.6枚の写真にタイトルをつけてましたかね。
時折、ブラックなジョークを織り交ぜながら(またこれが笑えるのです)
私のお気に入りは一番最後の写真でした。
中丸くんも「これが一番自信がある」なんて言ってましたけど。

続いては「天気予報」。
天気予報に入る前に「傘の演出」があります。
傘を傘立てに入れたのに暗転すると手に持っている…とか
傘の色が変わっている…とか、3つの傘を傘立てに入れたら
1本の傘になっていたとか。
そして家に帰ってきて天気予報を見る…という構成のようです。
ちゃんと前の「美術館」から繋がっているんです。
「さっきの美術館、全然人いなかったなー」で始まるんです。
そしてテレビをつけて天気予報を見ます。
スクリーンに映し出されるニュース番組のキャスターはもちろん中丸くん。
天気予報のコーナーの男性ももちろん中丸くん。
この天気予報のコーナーのときはピンクのポロシャツ姿だったのですが
なんともお腹の部分が細くて細くて細くて…。
私のたぷたぷのお肉を分けてあげたい(切実…私が)
この天気予報の男性は独特な話しぶりなんです。
そして天気予報も曖昧で予報は競馬方式(笑)。
ちゃんとオッズまで紹介されてます。
突っ込みどころ満載なニュース番組にテレビを見ている中丸くんが
突っ込む…という展開で進んでいきました。
この映像、すごく面白かったんですけど…言葉では説明しづらいです。

次は…「S-1グランプリ」(本当にこんなタイトルかは覚えてません)
「S-1」の「S」とは「そば」のことみたいです(笑)。
赤いガウンを羽織って(どりーむぼーいずの亀梨くんのような感じ)
客席から登場します。
両手を挙げて「うぉー!」なんて気合を入れてみたりして。
そして…競技は、そばをすする音がどれだけ出るのか?を競うようです(笑)。
必死の思いでそばを汁の中に入れる中丸くん。
1度目は力尽きてそばを落としてしまいます(そこまで…)
そしてそばを汁に入れてすするんですけどね。
「中丸くんって結構汁に浸すのね」とそんなことを考えてしまいました(爆)
いや、私もそんなにそばの味がわかるほうでもないので
1度すべて浸して食べるほうなんですが…。
そんな私が「結構浸す」と思ったくらいなので味が濃いほうが好きなのかな?
なんて余計なことまで想像してみたりしました。
そんな中丸くんは85デシベルという記録(確か)
めちゃくちゃ自信満々にはけていき、その他の人の記録がスクリーンに出ます。
それが…中丸くんの記録とは桁違いなのです。
そして流れていく順位表の中にはKAT-TUNメンバーの名前もありました。
田口くん、聖くん、赤西くん、上田くん、亀梨くんの順番だったかな?
それぞれの間は結構開いていたり、次の順位だったり。
でも、本当に彼らがS-1グランプリに出場したらこの順番なんじゃないかと
想像できるようなそんな順番でまたそれも笑えたりしました。
中丸くんの順位はかなり下だった模様です…。

-----------------------------------------------------------

ぎょっ…!
まだ公演の半分もいってないのにこんなに長いって…!
無駄にダラダラ書きすぎですかね…私…汗汗汗。
とりあえず、ここで一旦送信します。
続きはまた後ほど…。
20 : 05 : 49 | かとぅーん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。